敏腕弁護士が解決する相続問題|マネーの行方を明確に

スーツ

法定相続人の存在

弁護士

遺言書で相続を言い渡された人が相続しない場合には、法定相続人の手元へ遺産が巡ってきます。そういったやり取りを行なう弁護士は、無くてはならない存在となるでしょう。法律の元に正しい判断を下します。

分配と放棄

裁判

民法に従い、被相続人の死によって法定相続人が決定されましたが、その先に気をつけなければならないことがいくつかあります。そのうちのひとつには、「法定相続人と決定されたのはあなただけではない」ということがあります。
つまり、「俺は相続人だからな」ということで、一人で遺産に手を付けて何やかや……ということは許されないのです。

遺産というものは基本的に、相続人たちの話し合いによって、民法で定められた分割方法をもとにしてそれぞれの取り分を定めていかなければなりません。
あるいはその前に、「わたしは遺産は要りません」と言うことも出来ます。遺産を相続するか否かについても、相続人が決めることが出来るのです。
「遺産を相続しない」という選択には、さまざまな事情が考えられます。
たとえば、「遺産」とひとことで言っても、それには良い遺産とそうでない遺産があります。つまり、お金がたくさん残っていたり、広い土地があったり、株券が……とかいうようなことばかりではないのです。被相続人が生前に残した、たとえば借金だとかいろんなもののローンだとかも、遺産として残るのです。
こういった場合には、相続人には遺産放棄という方法が認められているのです。

遺産の相続をするかしないか――「相続する」と決め、法定相続人で集まって(家族で集まって、と言い換えてもいいわけですが)、遺産の分配などを話し合います。
しかしここで、問題が急浮上してくる場合もあります。思わぬところから横槍が入る――などと書くのは語弊がありますが、そんな場合があるのです。それは遺言書です。
相続問題を解決する為に強い味方となる弁護士が、遺言書を用いて迅速に解決することが可能となるので、気軽に弁護士事務所へ相談してみましょう。

相続人と被相続人

笑顔

遺言書によって遺産相続する人が決まります。法律はとても大事なものとなりますが、遺言書による故人の気持ちを尊重することが最も大事に扱われるのです。生前で遺言を作成するのであれば、弁護士のサポートを受けておくといいでしょう。

弁護士と遺産相続

握手

多くの人が利用している弁護士は、生活トラブルを解決する力に長けているものです。遺産の分配率は法律で定められています。それらの知識を元に、平等に弁護士が分配することも可能です。